実は術後のケアが大事なバストアップ手術
今、人気のニューハーフタレントである、はるな愛さんは美しくバストアップのために、シリコンバッグによる豊胸手術を受けています。

そのために毎日、メイクを落とし、入浴してから、バストのマッサージが欠かさせないのだそうです。

このマッサージを欠かしてしまうと、バストが硬く固まってしまい、再度手術を受け直さなければならないのだそうです。

そこで毎日、どんなに疲れていても、バストのマッサージを行っているのです。

加えてうつ伏せで眠るといった生活の中に工夫も必要になってきます。

また手術直後はスポーツブラのようなバストのサポーターでしっかりと固定されますから、実は生活が大変なのです。

またこのバストアップのためにマッサージを怠っていると左右で大きさが変わってしまったりすることもあります。

これはシリコンバッグという異物を入れているから大変なのでは?とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですから脂肪注入手術ならば、このようなケアをしなくても済むのでは、とお考えになることでしょう。

実は脂肪注入手術によるバストアップも気をつけなければならないことがあります。

まずは手術後にはバストや脂肪を抜きとった部分に違和感を覚えますし、症状があまりにひどい場合は再入院しなければなりません。

加えて脂肪細胞がきちんとバストに定着するように2~3か月はダイエットもできませんし、ブラジャーもゆるめでなければなりません。

また喫煙者の方には厳しいことですが、このバストに注入した脂肪細胞が定着していく2~3か月の間は禁煙しなければなりません。