バストアップ手術を受けるまで
正直にお話しするのであるならば、美容整形手術によってバストアップさせることは最終手段にしておくことをおすすめします。

まだ注射で済んでしまうヒアルロン酸をバストに注入するプチ整形は次第に戻って、元のバストの形になります。

しかしながらそれ以外の豊胸手術になってくると、いったんメスをバストに入れたのであるならば100%元に戻ることはありません。

ですからドラマティックに変化しますが、
それだけ覚悟も必要になってきますし、費用ももちろんかかります。
そして意外だとは思いますが、手術した後のケアにも時間がかかるのです。

そのためかなり時間を使わなければ、美しくバストアップしないということも考慮しなければなりません。

加えてついつい欲張ってバストを大きくしたい方もいらっしゃるかと思いますが、その大きさのバストが自分のボディサイズにぴったりと合っているかも判断しなければなりません。

そのために不釣り合いなバストアップにならないように、きちんと自分で判断できるようにしておかなければならないのです。

もしも美容整形手術によってバストアップを考えているのであるならば、病院でもきちんとカウンセリングをしてくれるところがおすすめです。

あまりに手術を急ぐような病院は候補から外したほうがよいでしょう。

今、少しだけ考えてみてください。

美容整形手術を受けるのであるならば、どれくらいのバストにしたならば自分のボディサイズにふさわしいのか、バストアップさせるのであるならば、どの位置にバストトップがあったら美しいのか、自然な仕上がりがいいのか、とにかくハリがほしいのか、どんな形のバストが好みなのかを把握しておきましょう。